ひな祭りの起源は、平安時代中ごろ(約1000年前)と言われています。

その時代には、3月のはじめの巳の日に、上巳の節句といって子供の無病息災を願ってお祓いをする行事をしていました。また、子供たちの間では、「ひいな遊び」という紙で作った人形と身の回りの道具をまねた玩具で、ままごと遊びのような遊びが流行っていました。こうした行事や遊びがもとになって、現代のひな祭りができたと言われています。子供の無病息災を願い、天地の神様にお供え物をしお祓いをしていました。これが、現代のひな祭りの起源となっています。 

なお、上巳の節句が33日になったのは、室町時代(約600年前)と言われています。ひな人形は、女の子の健やかな成長のため、その子の厄払いを行ってくれます。ひな人形をもらった女の子のお守りなのです。

 

京雛作家としては、下記の方々が有名のようです。(私の市場調査・・・)

京洛紫雲・ 大橋弌峰・ 安藤桂甫・ 平安寿峰・ 四世雛幸・ 三宅玄祥・ 小西清甫・ 小出松寿・ 井上雅風